社会人基礎力研修とは?

新卒新入社員をはじめ組織で働く若手職員を対象に、組織の「即戦力」となるための「社会人基礎力」を理解し、身につけていただくための研修です。

研修の様子の動画です(2017年4月)。


社会人基礎力とは?

社会人基礎力は①「前に踏み出す力」、②「考え抜く力」、③「チームで働く力」の大きく3つの能力から成り、主体性、コミュニケーション力、問題解決力、創造性、チームワーク等の重要な能力要素が含まれています。マナーや基礎学力、あるいは専門知識とも異なり、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくため」の基本的、総合的で実践的な業務遂行能力を指します。

近年のビジネス環境の変化に対応するため、今の時代に職場で求められる能力を経済産業省が産学連携で定義し、2006年から提唱しているものです。(※経済産業省「社会人基礎力」ホームページ

対象者は?
企業・団体に勤める新卒新入社員〜3年目程度までの若手社員です。

内容は?
上記の3つの能力(12の能力要素)ついて、重要ポイントを知識と演習を交えて学びます。特に、office isacaでは「主体性」、「課題発見力」(問題解決力)、「創造力」、「発信力」に重点を置き、講義はもちろん、個人ワーク、グループディスカッション等を多用して「考える」「表現する」「議論する」ことで効果的に学びます。体験を通して学ぶ「参加型研修」です。研修プログラム(一日版・基本)はこちら👉

特徴は?

合同集合研修の長所を生かし、6人前後の小グループに分け、所属・職種・性別等が異なるように構成します。多様な視点に触れて豊かな学びが得られることや、社外人脈が広がることが期待されます。

効果は?
・自分から発言する等、主体的に仕事をしようという気になる。
・目的意識を持つことの大事さがわかる。
・仕事の具体的な進め方がわかる。
・働く上での不安が軽減できる。
・発想力等、日常業務の中では教えられないノウハウがわかる。

等の「学び」が得られます。
受講者からは以下のような感想が聞かれています。(アンケートより一部を紹介)
研修の満足度 コメント
100点 創造力の講義では今までに聞いた事のない内容でした。ここで学んだ事や教わった事を仕事に活かしていきたいと、そう思える非常に良い講義でした。
100点 自分にもこんな事ができる、とか他者とこんなに話せるなど、コミュニケーション能力も上がった気がする。
100点 その場で実行してみることが出来、とても分かりやすく学ぶことが出来ました。何事も自分から行動することの大切さを改めて知ることが出来たので、明日からがんばりたいです。
100点 前に踏み出す力がみについた。前に踏み出す力の解説がとてもよかった。
100点 (今後やってみたいこと)PREP法でわかりやすい伝え方。(講師の良かった点)声の大きさ、話し方等の他に、グループトークの時に見守ってくださる様子など。
100点 (ためになったこと)自尊心を育むということ。自分も大事な会社の一員なんだということ。(今後やってみたいこと)話す内容の順番に気をつけて相手の分かりやすいように話したり工夫していきたい。
100点 演習をたくさんやりながらの講義でとても楽しく学べた。別の企業の方といっしょにグループ演習するのは新鮮だったし、内容もタメになるものばかりだった。(ためになったこと)自発性、主体性をもつこと。先輩や上司の方々におくさず積極的に話しかけていきたい。
(アンケートの原本はこちらです)