「対話」とは?

会話、議論、討論、そして、対話。

 

人が人と意見を交わす行為を表す表現にはいろいろなものがありますね。

 

私は積極的・肯定的な意味を込めて「対話」という言葉を使っていますが、
それぞれの意味するところはどういうことでしょうか?

 

「会話」は、特に内容に意味がなくてもいいし、何かが決まらなくてもいい。

 

「議論」「討論」は、単純に意見を言い合うイメージ。
時に、「どちらが正しいか」を競い合うイメージがあります。

 

それに対して、「対話」は、

「共同での問題解決(一緒に答えを探す)」

というイメージです。

 

これまでの私の経験から、対話が成立している時、こんな事が起きているように思います。

・どんな意見でも歓迎する話しやすい雰囲気がある
・意見を人と切り離して考えている(誰が言ったかは関係ない)
・意見の奥にある「真意」(大切に考えること)をお互いが掘り下げて聴いている
・人の意見を受けて、見方が変わる
・人の意見を拾って、新しいアイデアに展開させる

 

「対話」は理想的な状態で、いつでもはできないかもしれませんが、
問題を真ん中に置いて、一緒に解決しようと言うイメージで
会議等に臨まれるといいかもしれません。